社会福祉法人 オリーブの樹 オリーブ轟

皆さんこんにちは☀

第3回『フェアトレードを学ぶ~ちばの団体訪問編~』ということで、

新年度が始まり新たな出会いが待っている春、社会福祉法人 オリーブの樹の加藤裕二さんにお話を伺いました!

今回のインタビューは新型コロナウイルス感染症の影響でオンラインでしたが、ボランティアメンバーがオリーブ轟さんを訪問し、美味しい匂いに釣られてクッキーを購入してきました。

 

 

 

 

オリーブの樹はどんな団体?

 

オリーブの樹は、「障害を持っていても仕事を持ち生きがいのある生活を送りたい」という想いを実現させるサポートをなさっている社会福祉法人です。

 

障害福祉サービス事業を行なって、お弁当やクッキーを作ったり、地域の掃除をしたりといった活動を行なっています。

オリーブさんのグループホームや事業所は千葉市内に全部で7ヶ所あります。今回はオリーブ轟さんで事業の様子を少し見学させていただき、クッキーを購入しました!

 

クッキーを購入する際は、私以外にも地域の人々が購入しに来ていて、地域に根ざし愛されていることが分かりました。クッキーの種類はとても豊富で、私が購入したココナッツクッキーもとてもおいしかったです!

 

 

 

〈活動への想い〉

 

「オリーブ」には、”友愛”の意味があります。

 

思いあう気持ちをもって、すべての人を人として大切にしよう、という想いが込められています。

障害を持つ人々が自立をし、社会参加できるよう、前身の福祉作業所「オリーブハウス」が1984年に開所、2001年には社会福祉法人の法人格を取得し、今に至ります。

 

”障害”と一括りにするのではなく、利用者さん本人の自主性を尊重し、1人1人に合ったケアや仕事をされているのが印象的でした。

 

 

 

〈どういう人が関わっているの?〉

 

「オリーブの樹」では、障がいのある方を支援する"支援員"と、障がいを持ちながらも働きたい、という想いを持つ”利用者”さんが仕事をしています。

 

今回訪問させていただいた「オリーブ轟」では、就労継続支援A型・B型、生活介護の3つのコースが設けられており、自分に合ったコースで仕事をされています。

 

オリーブ轟の就労継続支援A型には、ランチ班やクッキー班があります。

ランチ班では、多いときには1日300食以上ものお弁当を作るプロの技が。

「オリーブの樹」名物のクッキーも作られており、作業室からはクッキーのいい匂いが伝わってきました!

 

 


 

〈商品紹介コーナー

 

私がオリーブ轟に訪れた時には、ちょうどクッキーやパウンドケーキ、アクセサリーを販売していました。

クッキーは様々な味、種類があるだけでなく、形がくずれたものなどを大袋にまとめてお安く売られています!

 

他にも、オリーブの樹の各施設で様々な商品が販売されています!

地域の酪農家さんの知恵と力を得て作った10種類のアイスや秋冬限定のスノーボール、藍染Tシャツ、耳ゴム長さの調節可能な手作りマスク、ストラップなどなど。。

クッキーやケーキ、アイスなどは、以下のオンラインショップからご購入いただけますので、ぜひ一度ご覧ください♪

 

 

『フェアトレードを学ぶ~ちばの団体訪問編~』第3回は社会福祉法人 オリーブの樹さんにインタビューさせていただきました!

 

社会福祉法人 オリーブの樹

 

https://www.olivehouse.org/ 

 

オンラインクッキー店 ▶︎ https://www.olivehouse.org/online-shop-top-page/

 

オンラインアイス店  ▶︎ https://www.olivehouse.org/online-shop-top-page/lufticecream/ 

 

いろいろなイベントにも出展されています! WEBをご確認ください。