フェアトレードちば ボランティア募集

ちばにフェアトレードの輪を広げる。あなたの参加を待っています!!

フェアトレードの輪を一緒にちばへ広げてくださるボランティアさんを募集します! 

 

●一般ボランティアさんの募集について

月2回のオンライン会議と各自の自宅作業を中心に活動しています。

会議の場にご参加いただけて、オンライン環境からPCやスマホで会議に参加し、無理なくGoogleのオンラインを使った各種書類などのデータ編集などができる方を募集中!

 

●2022年4月30日までフェアトレードフェスタちば2022の催事ボランティアさん募集は終了しました【 定員になりましたので締め切りました、たくさんのご応募ありがとうございました 】

 

一般ボランティア募集概要

■ボランティア活動日:月2日

 オンライン定例会への参加+個人ボランティア作業で各2〜3時間程度

<定例会>・第2日曜9:00〜11:00 ・第4月曜19:00〜21:00 *参加者の都合により変動あり

■ボランティア内容

・事務補助(経理、総務、広報関係の書類事務)

・催事補助

・印刷物作成補助(制作進行管理など)

※学生歓迎!! ※就活、卒論考慮。 

 

■基本的に、交通費補助などが一切ありません。ボランティア保険にご加入いただきますので、住所、お電話番号、お名前を保険提供団体に提出します。加入費はフェアトレードちばで負担します。

 

■活動場所 

2020〜2021年現在、全ての活動は基本オンラインで行っています(自宅作業)

(以前は 船橋市民活動サポートセンター(船橋駅より徒歩約3分)に集まっていました)

 

 

フェアトレードフェスタちば2022 催事ボランティア募集概要 【定員のため締め切りました】

■催事ボランティア稼働日程

5月14日(土)15:00集合 18:00終了予定(会場設営)

5月15日(日)8:30〜18:30くらい *イベントは10:00-16:00

*両日とも参加できる方大歓迎!

*部分的な参加でも大丈夫です!ご応募時にご参加可能な日時を明記ください。

 

■お手伝い内容

前日の会場設営)机や椅子、パネルなどの運搬と組み立て

当日のイベント運営〜会場撤去)

資料配布や会場案内、受付、フェアトレードクイズラリーやアンケートなど。

撤収作業(机や椅子、パネルの運搬)。

 

■補助など

 基本的に、交通費補助などが一切ありません。昼食などは各自で周辺の飲食店などを利用いただくことになります。

 ささやかですが、前日・当日お手伝いいただいた方には、きぼーる会場のイベント内で当日のみ利用可能な金券300円を差し上げています。お釣りは出ません。

 ボランティア保険にご加入いただきますので、住所、お電話番号、お名前を保険提供団体に提出します。加入費はフェアトレードちばで負担します。

 

■活動場所 きぼーるアトリウム (千葉県千葉市中央区中央4-5-1)

 

ボランティアご応募の手順

STEP1)お申し込みボタンをクリックしフォームを送信

*ご自身のご経験や可能な業務をご明記下さい。

*当団体でとくに関わりたい分野や挑戦したいことがあればぜひ記載下さい。   

 ↓

STEP2)フェアトレードちばよりメールにてご連絡

・オンラインの定例会議へのオブザーブ参加についてもご検討いただいています

 

皆様おひとりおひとりのスキルを活かした活躍の場を設けたいと思っています。

まずはお気軽に下記よりお問い合わせ下さい。

  

【ボランティアに参加すると・・・】

・NPOの活動、フェアトレード、催事の現場を学ぶことができます。

・フェアトレードや貧困問題について、自分の言葉で説明できるようになります。

・学生から社会人まで幅広い所属の方と交流し、協働して事業をつくる体験ができます。

・年齢や所属に捕われず、価値観を広げ、さまざまな人と知り合う機会があります。

 

【こんな方はぜひ!!】

・イベントを作ってみたい

・世界ってきくとワクワクする

・国際協力、フェアトレードに関心がある

・千葉県在住、千葉県大好き

・みんなが楽しめる場を作りたい ....などなど。

☆細かい作業が得意な方、気遣いできる方、お話し好きな方、皆様の得意を待っています♪

 

  

ボランティア応募フォーム 一般・催事共通

ボランティア/インターン ご紹介

2018〜ボランティア 

平松加代 PRIYO handicrafts

2018年から千葉を中心にフェアトレード商品の販売をしています。

いざ個人で活動を広げようとしたときに様々な課題に直面しました。そんな時、フェアトレードちばと巡り合いました。とても敷居が低く、すぐに仲間入りすることができました。代表の成瀬さんには色々な相談をさせてもらい、またボランティアスタッフの人たちからもフェアトレードに関して改めて学ぶ機会が多く大変助かっています。ミーティングには子連れで参加することもありますが、皆さん温かく見守ってくださいます。できる範囲ですが、広報の担当をしています。自分も徐々に経験を積んで、千葉にフェアトレードを広める活動を皆さんと一緒に進めていきたいと思っています。

 

2018〜ボランティア

ゆか(20代 会社勤務)

 
学生時代に入ったサークルでフェアトレードを知りました。フェアトレードコーヒーやバナナをイベントで販売する活動が楽しく、社会人になっても関わりたいと思い、ボランティアに参加しました。
まだ参加してから日が浅いですが、フェアトレードフェスタちばにスタッフとして関わり、様々な団体さんやフェアトレード商品に出会えただけでなく、イベントを作り上げるための準備や作業に関わることができ、充実した活動だと感じています。

2018〜ボランティア

川島 迅(50代 会社員)
 
私は、フェアトレードフェスタちばを見て少し興味が湧いた、それだけの動機で何も知らずに飛び込んでみた一介のサラリーマンです。こんな私でも最初から暖かく迎えていただけて感謝しています。活動を通して多くの人と出会って刺激を受けています。フェアとかエシカルという概念について考えるのも楽しいです(ちょっと哲学的(笑))。今は国内イベントの運営メインですが、将来は海外現地に触れる活動もしてみたいです。

2019-2020インターン

徳田祐子 10代 千葉大学園芸学部

 

私は食にかかわる諸問題に興味があり、フェアトレードにも関心があったので、ボランティアをすることにしました。

催事を一から皆で作り上げることはとても楽しいし、勉強にもなっています。

 

2019-2020インターン

森田純那 10代 学生

 

自発的な活動に参加したいと思い、ボランティアスタッフに応募しました。アットホームな雰囲気で、すぐに馴染むことができます。私はSNSを使った広報を担当しています。「明確かつ興味を持ってもらえる」文章や画像を心がけています。

大学生活ではあまり縁のない、社会人の方と交流できることが、学生の私にとって魅力的です。

 

2018-2019インターン

西沢美樹 10代後半(学生)

 

「ボランティア」や「フェアトレード」に関心があり、実際のNPOの活動を見たいという気持ちから学生ボランティアとして8ヶ月間参加しました。

色々なイベントを通して貴重な経験ができたり、沢山の繋がりができたり…と、ここでの活動で得たものはとても多いです。誰かのための活動でしたが同時に自分のためにもなったと感じています。